ノンケミカル化粧品を選ぶ際に重要なことは?

最近、オーガニックの流行にともなってか、化粧品業界でもオーガニックがブームとなっています。オーガニック化粧品やノンケミカル化粧品など、名前を聞いただけで肌にやさしそうとか効果がありそうといったイメージを抱かれる方が多いかもしれません。しかしノンケミカルだからと言って、必ずしもすべての人にアレルギー反応がないとは言えないのです。
というのは化粧品というのは通常出来上がったものが包装されて販売されています。出来立てのものを使うのではなく、工場で作って店頭に並んで、それが消費者の手元に届いてそして実際に使用すると、工場で出来上がってから使用までの時間がかかります。そのため全く化学物質を含まないと品質の維持が難しくなり、店頭販売できなくなるわけです。そのためすべての化粧品に何らかの化学物質は入っているのです。
ただ、ここで重要なのが化学物質は全て肌によくない成分というわけではないことです。化学物質というと何だか食品添加物のように体によくない成分というイメージを抱くかもしれません。しかし、日焼け止めに使われる酸化亜鉛や酸化チタンなど、肌に悪影響を与えずに紫外線をカットしてくれる優秀な化学物質も意外と多くあるのです。
それではノンケミカル化粧品とは何なのか、それは旧表示指定成分を含まない化粧品なのです。今は薬事法によって使用されている全成分の表示が義務付けられましたが、そうでなかった頃、使用によってアレルギーなどの症状が現れる可能性がある成分の表示は義務付けられていました。それらの成分が旧表示指定成分なのです。これらが含まれないものを日本ではノンケミカル化粧品ということが多いようです。
しかしノンケミカル化粧品を使っても肌トラブルが起こる可能性もあります。食品アレルギーがあるように、一般的には肌にやさしいと言われる成分でもその人によってはアレルギー反応が起こることがあるからです。そのためノンケミカル化粧品だから大丈夫と安心せずに、初めて使う際はパッチテストで問題がないことを確認することです。