ノンアルコール化粧品を使うメリットは?【知らなきゃ損】

一般的な化粧品には多くの場合、アルコールが入っています。アルコールは防腐剤あるいは、水分と油分を混ざりやすくするという役割を果たします。また、ニキビや吹き出物などを出きにくくする消毒の作用もあります。さらに、アルコールを添加することで使用時に清涼感を与えることもできます。
しかし、もともと肌が敏感な方や乾燥肌の方、アトピー性皮膚炎などのアレルギーをもっている方は、アルコールに過敏に反応し、アルコールが入った化粧品を使うと赤くはれてしまったり、かゆみを感じたり、乾燥がひどくなったりすることがあります。また、普段はアルコールが入った化粧品を使っても問題はないのに、季節の変わり目や体の調子がよくなときには反応が出ることがあるというような方も少なくないようです。
そのような方にはノンアルコール化粧品がおすすめです。ノンアルコール化粧品といっても最近では数多くの商品が販売されています。ドラッグストアや薬局、通信販売などで広く購入することができるようになりました。
ただし、ノンアルコール化粧品であればどれでもよいというわけではなく、アルコール以外にどんな成分が入っているのかということもしっかりと調べ、アルコール以外の添加物も極力入っていないほんとうに肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。もともと敏感な肌の方はアルコール以外の添加物にも反応が出やすいからです。また、「添加物」とはいえない「有効成分」であっても、人によっては不快な反応が出ることが多いので、使い始める前にサンプルを利用したり、パッチテストを行ったりして、ほんとうに自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。
ノンアルコールを使うことのメリットは肌にやさしく、かゆみや赤みなどの不快な症状を出にくくするというだけに留まりません。保湿という意味でも非常に重要です。アルコールは揮発性を有するため、アルコールによって皮膚の水分が奪われてしまうということが考えられます。さらに、アルコールは消毒という作用をもっているため、肌の皮膜を破壊してしまう可能性もあります。そのため、ノンアルコール化粧品は乾燥肌の人にもおすすめです。また、しわも水分不足が原因のひとつであることから、しわで悩む人にも保湿力の高いノンアルコール化粧品を使ってみる価値はあるといえます。ノンアルコール化粧品は敏感で乾燥しやすい目元や口元にも使用しやすく、目元や口元にもしっかりと水分を与え、しわをできにくくする役割も期待することができます。